紫外線ダメージに要注意

紫外線は肌にシミやしわを与える原因として知られていますが、夏場以外は顔にちょっと日焼け止めを塗るくらいで済ませているという方はいませんか?紫外線は夏場はもちろん冬や雨天といった一見すると紫外線量が少なくなっているときでも降り注いでいるので、きちんとケアをしないとしみやしわが出来やすくなってしまいます。特に首やデコルテは外に見せるデザインの服が多く、全くケアをしていないとどんどんシミやしわが出来てしまうので、紫外線対策は怠らないようにしてください。

飛行機01
首やデコルテは紫外線を受ける機会が多いにも係わらずケアを怠っている人が非常に多く、年齢を重ねるごとにどんどんシミやしわが増えていきやすくなってくるそうです。元から肌が弱い部位ということもあってその進行度は早く、最悪顔が綺麗なのに首周りは歳相応の状態になるので、冬場でも日焼け止めを塗っておくなどのケアは怠らないようにしてください。

 
首やデコルテに日焼け止めを使用する際はちゃんと状況に合わせた日焼け止めを利用しましょう。よく大は小を兼ねると強力な日焼け止めだけを使っている方がいますが、首やデコルテのような肌の弱い部位はそのせいで逆に強い負担をかけてシミやシワの原因となることも多いので、ちゃんと肌に優しい弱めの商品と使い分けてください。

Comments are closed.