冬に受ける刺激に注意

冬は体全体が隠れる服が着れるからお肌のケアも多少手を抜くことが出来るという方もいるかもしれませんが、それでは歳を重ねた後でも綺麗な肌をキープすることが出来ません。首やデコルテは冬でも外気に晒すようなデザインの服が多くなっている事を考えると特に丁寧にケアをしていかないと様々な形で与えられる刺激に耐え切れない可能性が出てくるので、冬に受ける刺激には特に注意してください。

 

 

首やデコルテのケアは冬こそ力を入れて行うべきと言われています。首やデコルテは他の部位に比べて汗腺や皮脂腺が少ないためダメージに弱い性質を持っており、紫外線はもちろん布すれによって受けるダメージも馬鹿にならないといわれています。なので肌を傷つけるようなマフラーを使っている方などは想像以上のダメージをクビに与えている可能性があるので、低刺激な布を使っている服を着るようにするなどダメージを抑える工夫をしてください。
冬の首、デコルテのケアは日焼け止めも忘れないようにしてください。量が減っているとはいっても冬でも紫外線は受けるので、顔はもちろん首周りや胸元にも日焼け止めはしっかり塗っておくようにしましょう。こうしたケアを忘れずにいれば肌にダメージが蓄積されず、歳を重ねてもシワやたるみの無い首周りをキープできるはずです。

Comments are closed.